LINEで送る
Pocket

あなたは1日に何時間ぐらい働いてますか?

 

まあ、大抵は8時間以上だと思います。

就業規則で8時間と決まっている会社が多いので、8時間は働くところがほとんどですよね。

ただ、8時間働いて帰れるかといえば、そんなわけはなく。

現実は残業があって、毎日9時間10時間は当たり前、というところがほとんどだと思います・・・。

 

一応、労働基準法では1日の労働時間は8時間までと決まっています。

「法定労働時間」というやつですね。

第三十二条 使用者は、労働者に、休憩時間を除き一週間について四十時間を超えて、労働させてはならない。
○2  使用者は、一週間の各日については、労働者に、休憩時間を除き一日について八時間を超えて、労働させてはならない。

 

・・・けど、ぶっちゃけ労働時間が8時間って長すぎると思うんです。

というか時代に合っていません。

 

戦後から一向に変わらない労働時間

現在の労働基準法で定められている「1日8時間まで」というのは、いつ決まったのかご存知でしょうか。

 

実はこれ、戦後間もないころに制定されたものです。

当時世界で主流だった8時間労働制を、日本にも取り入れた形ですね。

 

もちろん、この8時間というのは諸外国の実情に即した労働時間です。

日本は戦争で負けて焼け野原になっていたので、諸外国以上に猛烈に働く必要がありました。

 

だから日本人は8時間という枠を超えて猛烈に働いたわけです。

とにかく国民一丸となって国を復興させよう、生活を豊かにしようと頑張ったんですね。

 

・・・けど今の時代、もうそんなことする必要はありません。

復興を果たすどころか、日本は今や世界有数の先進国です。

戦後当時の諸外国の水準をはるかに上回るレベルで経済発展を果たしています。

 

ということは、ですよ。

 

戦後の諸外国よりもはるかに経済が発展した今、別に8時間にこだわる必要はないわけです。

 

経済が急成長した一方で、労働時間だけが戦後から変わっていない

 

おかしいと思いませんか。

今はもう十分に経済発展したし、生活も十分豊かになってます。

 

今も収入が少なくて苦しんでる人はいますが、経済が発達したことで絶対的な生活水準は間違いなく上がっています

十分に日本が豊かになったわけですから、未だに8時間労働である必要なんてないわけです。

今の時代に合わせて、法定労働時間はもっと短縮すべきだと思ってます。

 

 

ちなみに、江戸時代の農民の労働時間は4時間程度だったらしいです。(う、羨ましい・・・!)

お金がなくなったら働き、お金があるときは働かないという自由奔放なライフスタイルだったそうな。

 

物価だとか時代背景だとか、色々と考慮することはあるので簡単に比較していいわけじゃないんですけど、それでも江戸時代の人々の方が今の日本人よりも「未来に生きてる」感じがするのは僕だけでしょうか。(;・∀・)

 

労働時間は減っていくべき

元来、人間は楽をするために技術を開発し、文明を発達させてきました。

原始時代に狩猟用の道具ができたのも狩りを楽にするためですし、産業革命で蒸気機関車が登場したのも、移動や輸送を楽にするためです。

 

ということは、文明が発達するにつれて人間は楽になっていかないとおかしいということですね。

労働時間が戦後から変わらない今の状態は、時代の流れに逆行しているとさえ言えるわけです。

文明の発達に伴って、労働時間も徐々に短くなっていくべきですよね。(๑•̀ㅂ•́)و✧

 

ちなみに、スウェーデンでは労働時間を短縮しようと、1989年から国を挙げて試行錯誤を繰り返しているようです。

その結果、6時間勤務が最も効率がよく、従業員の満足度も高いということがわかりました。

 

スウェーデンといえば、世界幸福度ランキングで毎回上位に食い込む国。

国民の幸福度が高い背景には、労働時間の短さも大いに関係してるのではないかと思います。

 

LINEで送る
Pocket

ブログランキング参加中!記事を読んだ後はポチッとクリックしてください^^

ブログランキング・にほんブログ村へ