LINEで送る
Pocket

テキパキと仕事を片付けて、定時になり、さあ帰ろう! と思ったその時、周りからの視線が痛い・・・。

そんな経験、ないでしょうか。

上司や先輩たちからの、「もう帰るの?みんな残ってるのに?」という無言の圧力を感じてしまい、ついつい付き合い残業をしてしまったという経験、あなたも一度くらいはあるかもしれません。

 

付き合い残業は言うまでもなく嫌なものです。

昨日、残業が当たり前だという思考はヤバいという記事を書きましたが、今日はこの「付き合い残業」について、もう少し深掘りしてみたいと思います。

 

付き合い残業ほどバカバカしいものはない

付き合い残業というのは、百害あって一利なしと言われるほどバカバカしいものです。

もうホントに、誰にとっても何のメリットもありません。

あなたにとっても、会社にとっても全くプラスにはならないんです。

 

その主な理由は以下のとおり。

  1. 自分の時間が奪われる
  2. 仕事の効率が落ちる
  3. 余計な残業代が発生する

 

デメリット1. 自分の時間が奪われる

本来、定時後というのはあなた個人の自由な時間です。

会社は勤務時間中(定時内)はあなたを職場に拘束できますが、勤務時間後(定時後)まで職場に縛り付けておくことはできません。

 

なので定時後というのは完全に”自分の時間”であり、好きなことに費やしていいんです。

まっすぐ家に帰るもよし。

勉強に使うもよし。

飲みに行くもよし。

ゲーセンに直行するもよし。

ですが、付き合い残業をすると、その”自分の時間”をみすみす会社に捧げてしまうことになります。

 

・・・・・バカバカしくないですか?

仕事終わってて何もやることがないのに、なんで自由時間を奪われなあかんねん!ヽ(`Д´)ノ

と、僕なら怒りと不満とバカバカしさで噴火しそうになります。

 

デメリット2. 仕事の効率が落ちる

頑張って仕事を定時内に終わらせても、もし毎日毎日付き合い残業をさせられていたら、どうなるでしょうか。

きっとそのうち、定時内に仕事を終わらせることがバカバカしくなってくると思います。

 

「どうせ毎日残業しないといけないんだから、毎日頑張って定時内に仕事を終わらせても意味がない。」

「頑張ってもどうせ残業しないといけないんだったら、別に頑張らなくてもいいや。」

「残業してる間に終わらせればいいから、のんびり仕事しよー。」

 

こうして、単位時間あたりの生産性、仕事効率はガタ落ちになっていきます。

これが部署全体に蔓延したら、もう終わりですね。

工場で例えるとわかりやすいですが、一日に100個の製品を作っていたのが、同じ時間で50個しか作れなくなるのと同じことです。

生産性が落ちた状態で100個の製品を作ろうと思ったら、稼働時間を伸ばすしかありません。

 

仕事の生産性が落ちることは、会社にとっても個人にとってもデメリットでしかないわけです。

 

デメリット3. 余計な残業代が発生する

付き合い残業なので自分の仕事は終わってますが、残業してることになるので当然残業代が発生します。

 

その残業代、誰が払ってるでしょうか。

付き合い残業をさせた上司や先輩のポケットから出てますか?

そんなわけないですよね。

 

残業代はもちろん会社が払います。

付き合い残業をさせたのが上司や先輩だとしても、その分の残業代をあなたに支払うのは会社です。

しかもその残業代を受け取った人(あなた)は、実際には残業に付き合わされていただけで、仕事は何もしてません。

 

仕事してないのに残業代だけは発生するという状態。

これ、会社は完全に払い損です。

余計な人件費がかかってることになります。

 

上司や先輩が、こういうことをしっかりと認識できてる人であれば、付き合い残業なんて無駄なことはさせないはずです。

付き合い残業をさせられてる場合は、一度経理部や人事部にチクってみてはどうでしょう。

経理部や人事部の人はお金のことには敏感なので、もしかすると目を吊り上げて跳んできてくれるかもしれません。(笑

 

あ、ちなみにサービス残業させればいいとかいう意見は論外ですからね。

以前にも書いたとおり、サービス残業は違法であり犯罪なので。

 

仕事が終わったらさっさと帰る文化を根付かせるべき

付き合い残業をさせる人というのはもちろんダメですが、根本的な問題はそこではないんです。

「自分の仕事が終わっても帰りにくい雰囲気になってる」というのが最大の問題です。

 

付き合いで残業しても何一つメリットがないということをみんなが認識して、仕事が終わったらさっさと帰るという文化を根付かせていくべきなんです。

なぜなら、日本人は周りに流されやすい生き物だから。

周りが仕事を終えた人からさっさと帰っていく職場だったら、あなたも帰りやすいと思いませんか?

 

また、普段から気をつけるべきですが、自分より早く仕事が終わった人に嫉妬なんてするのはNGです。

「あの人もう仕事終わったのか。オレはまだ終わってないのに・・・」

と思って足を引っ張ったりなんかしたら、それこそ付き合い残業をさせてくる上司や先輩たちと同じになってしまいます。

嫉妬や妬みというのは、仕事においてもっとも不要なものです。

 

仕事が早く終わった人に対しては、足を引っ張るのではなく、「お疲れ様!」と笑顔で送り出してあげるべきですね。

そうすれば、いざ自分が帰るとなったときにも同じように送り出してもらえるようになります。

 

もし、どうしても付き合い残業がなくならないという場合は、転職を考えるべきですね。

付き合い残業によって生じる、時間や人件費の無駄を認識できていないということですから。

大企業ですら潰れたり経営破綻したりするようなこの時代にあって、そんな目の前にある無駄も削減できないような会社の寿命はそう長くはないです。

 

職場の空気は読まなくていい

毎日のように付き合い残業をさせられていると、うんざりして性格までネガティブになっていきます。

付き合い残業をさせられてもあなたの質が落ちていくだけなので、積極的に拒否しましょう。

 

うまく付き合い残業から逃げられる言い訳を何種類か用意しておくことをオススメします。

「今日は外せない用事があるので」

「病院を予約してあるので」

「体調が悪くて、今夜しっかり休んでおかないと明日に響くので」

 

ちなみにこうした言い訳を朝のうちから言っておくと、付き合いじゃない普通の残業からも逃げやすくなりますよ。

(仕事が残った状態で帰るので翌日が大変ですが^^;)

 

本当に価値があるのは、お金じゃなくて時間

付き合い残業で多少なりとも残業代はもらえると思います。

が、本当に微々たるものです。

そんな少しのお金を求めて時間を無駄にするよりも、その分の時間を自分の好きなことややりたいことに使う方が、はるかに価値があります。

 

お金はその気になれば増やせますが、時間は増やせないし二度と戻ってきません。

定時後の貴重な時間、上司や先輩なんかに捧げずに有意義に使いたいものですね。

付き合い残業を断る勇気、応援してます!

 

LINEで送る
Pocket

ブログランキング参加中!記事を読んだ後はポチッとクリックしてください^^

ブログランキング・にほんブログ村へ