LINEで送る
Pocket

あなたは、「やりたくないこと」って真剣に考えたことはありますか?

 

 

おそらく、「やりたいこと」を真剣に考えたことは何度もあると思います。

将来の夢とか、進路とか、就職とか、基本的にはやりたいことを基準に考えたと思うんです。

 

 

 

でも、それって僕は逆だと思ってて、そういう今後の人生にかかわるようなことを決めるときには

 

やりたくないことを基準に考えるべき

 

だと思ってます。

 

 

やりたいことよりも、やりたくないことを明確にした方がいいんです。

 

 

やりたくないことは軽視されがち

やりたくないことって、つまり「ストレスが溜まるようなこと」ですね。

 

 

人間、やりたいことができなくても健康に生きていくことはできます。

 

でも、やりたくないことをずっとやってると、ストレスで心身を病んでしまうんですよね。

 

だから、あなたにとって大事なことほど「やりたくないこと」を基準に考えるべきなんです。

 

 

 

たとえば、仕事に関して僕が「やりたくないこと」は・・・

  • 通勤
  • 1日4時間以上の労働
  • 3日以上連続した労働
  • 毎日同じ場所で働くこと
  • 眠いのに起きてること
  • 組織に所属すること
  • 価値観の合わない人と付き合うこと

 

・・・まあ、要するにまったくサラリーマンには向いてないということですね(;´∀`)

 

 

 

にもかかわらず、僕は大学を卒業すると同時に、軽率にもサラリーマンになってしまいました。

当時は、やりたくないことを明確に意識してなかったんです。

 

 

サラリーマン時代、僕の職業はプログラマー。

プログラミングをやってみたくて、地元のIT企業に就職しました。

 

でもフタを開けてみると、

  • 毎日の通勤
  • 長すぎる労働時間
  • 閉塞的なオフィスでの労働
  • 睡眠不足
  • 凝り固まった昔ながらの組織
  • 価値観の合わない上司や先輩

などなど・・・。

 

「やりたくないこと」を明確に自覚するには、十分すぎる環境でした(汗

 

そこには、僕のやりたくないことが満ち満ちてたんです。

 

 

僕は「プログラミングをやってみたい」という、ただそれだけの理由でサラリーマンになりました。

でも、こういうときにやりたいことを基準にして考えるのは危険です。

 

 

 

確かに、やりたいことを仕事にすることはできましたよ。

けどそのおまけとして、サラリーマン生活という「やりたくないことのオンパレード」も付いてきたんです。

 

やりたいことを基準に職を決めて、やりたくないことに向き合わなかった結果がこれ。

 

いくらプログラミングが好きでも、やりたくないことに囲まれていてはストレスの方が圧倒的に強くなるもの。

 

結局、僕はやりたいことをやってたにもかかわらず、心身をストレスで蝕まれて、うつの一歩手前まで行ってしまいました(汗

 

 

やりたいことがあるのは良いことですが、そのためにやりたくないことをないがしろにするのは、後々自分を苦しめることになるだけなんです。

 

 

やりたくないことを回避する方法を考えよう

やりたいことのために、やりたくないことを我慢して耐えようとする人は多いです。

 

けど、それって力の入れどころを間違ってるんですよ。

やりたくないことを我慢して耐えてても、ストレスとの長〜い戦いになるだけです。

 

それで耐え切れるならまだマシですが、僕みたいに耐えられない人も大勢います。

 

 

なので、耐えるんじゃなくて

どうすればやりたくないことから逃げられるか

を全力で考えるほうが、よっぽど生産的なんですよね。

 

 

雇われる生き方が自分に合わないと思うなら、我慢して雇われ続けるんじゃなくて、「雇われずに生きるためにはどうすればいいか」と考えて、そっちの方向に全力で努力する方がいいに決まってます。

 

やりたいことができなくても健康に生きていけますが、やりたくないことをずっとやってたら心身を病んでしまうので(汗

 

やりたいこと=願望なのは間違いないですが、やりたくないことってのもベクトルが真逆なだけで、願望であることに変わりはないんです。

 

 

やりたいことよりも、やりたくないことを基準にして動いたほうが、人生望む方向に持って行きやすいものなんですよ(⌒▽⌒)

 

LINEで送る
Pocket

ブログランキング参加中!記事を読んだ後はポチッとクリックしてください^^

ブログランキング・にほんブログ村へ