LINEで送る
Pocket

働きたくない僕たちが望む「成功」ってなんでしょうか?

 

一つはもちろん働かないことですよね!

それでいて、生活に困らないだけの収入があること。

 

生活費を稼ぐために働かざるをえないサラリーマンにとっては、働いてないのに収入があるという状態が究極の理想形なわけです。

 

そして、何物にも縛られず自由に生きること。

お金に縛られない。時間に縛られない。人間関係に縛られない。場所に縛られない。

もちろん会社にも縛られない。

 

こうなれば間違いなく成功ですよね。

働きたくない僕たちにとっては、自由=成功と言っても過言ではありません。

 

もちろん、世の中には様々な成功の形があるし、人によって成功の定義も違うと思います。

ですが自由=成功と考えた場合に、ひとつ見えてくることがあります。

 

それが、サラリーマンに成功はないということです。

 

自由から全速力で遠ざかっていく「サラリーマン」という生き方

サラリーマンの成功の例として、昔からよく挙げられる成功像がありますよね。

会社でバリバリ働いて出世し、結婚して子供を作り、車とマイホームを持つ、という。

(あれ?これひょっとして野原ひ◯し・・・)

 

今はともかく、あなたも以前はなんとなくこんな将来を思い描いてませんでしたか?

けど、これって僕たちにとっては成功でもなんでもないですよね?

 

まずバリバリ働いたら自由どころじゃないです。

バリバリ働いて職場で注目されれば、頼られるようになっておのずと仕事量は膨れ上がります。

そうなれば定時内に仕事を片付けることができなくなり、残業して対応するしかありません。

働きたくない僕たちにとっては拷問ですね。(^o^;)

 

次に、出世というと一般的には給料アップのイメージが浸透しています。

・・・ですが、出世したところでホントに収入って増えるでしょうか?

まずそこから疑ってかかる必要があります。

 

出世はデメリットだらけという記事で書いたとおり、仕事は忙しくなるわ、収入はヘタすりゃ減ることもあるわで、僕たちにとってはリスクの方が高いわけです。

 

そして、結婚して子供を作ったらますます自由な時間は減ります。

というか皆無になりますよね。

加えて、生活費はかさむし教育費はかかるしで、収入はほとんど生活と育児に持って行かれて、自由に使えるお金など無くなってしまいます。

 

極めつけが、車とマイホーム。

結婚して子供がいると、自由に使えるお金なんてほぼないはずなので、大抵はローンを組んで分割払いをすることになります。

が、ローンって別の言葉で言えば借金ですよ。

およそ自由にはふさわしくない単語です。^^;

 

こうやって見ていくと、自由とは正反対の方向にダッシュしてることが分かると思います。

別に「これこそがオレにとっての成功だ!」という人は勝手にしたらいいと思いますが、働きたくない僕たちにとっては成功でもなんでもありません。

 

しかもこの収入、リストラや倒産にあえば簡単に吹き飛びます。

 

想像してみてください。

 

頑張って出世して、結婚して子供を作って、家と車のローンを抱えたところで、もし収入が途絶えたらどうなるでしょうか。

おお、考えただけでも恐ろしい・・・。(;´Д`)

 

頑張れば頑張るほど束縛が増え、がんじがらめになって自由から遠のいていくのがサラリーマンという生き方です。

僕たちにとっては、サラリーマンを続けた先に成功なんてあるわけがないんです。

 

サラリーマン以外の生き方を模索しよう

サラリーマンには、出世はあっても成功はありません。

 

そもそもサラリーマンというのは、他人(経営者)が構築した儲けの仕組みに乗っかって稼いでいるに過ぎません。

他人の仕組みに乗っかり、他人の命令で動く部品にすぎないわけで、そんな人間が成功することは構造的にありえないということが分かると思います。

 

決してそれが悪いとは言いませんが、少なくともあなたは、あらゆるものに束縛されるような生き方は望んでないですよね?

 

「働きたくない」と思いつつ、ズルズルと惰性でサラリーマンを続けてる人は非常に多いですが、本当に働きたくないのであれば、いつまでもズルズルとサラリーマンを続けることがいかに不合理かが分かるはずです。

 

もちろん収入の問題もあるので今すぐ会社を辞めるべきとは言いませんが、成功したいのであれば、自分にとっての成功に繋がる道を模索していく必要があります。

 

まずは会社以外から収入を得られるようになりたいですね。(๑•̀ㅂ•́)و✧

 

LINEで送る
Pocket

ブログランキング参加中!記事を読んだ後はポチッとクリックしてください^^

ブログランキング・にほんブログ村へ