LINEで送る
Pocket

副業を禁止してる会社って多いですよね。僕が勤めていた会社もそうでした。

 

副業禁止規定があるばかりに、「お金が足りないけど禁止されてるから副業できないよなぁ・・・」と諦めてるサラリーマンは多いです。

あるいは、副業をしたいから会社に内緒でやろうとしてる、もしくは会社にバレるのが怖くてできないって人も多いんですよね。

 

ですがぶっちゃけた話、副業禁止は基本的に成り立たないってことはご存知でしたか?

 

「いや副業とか興味ないし、そもそも働きたくないんだよ!」っていう人も、帰る前にちょっとだけ見てってください!

会社に都合のいいように作られたルールを押し付けられて、知識がないばかりに反論できないってのもシャクだと思うんです。

なので副業をするつもりがなくても、知識として持っておいて損はありませんよ!(๑•̀ㅂ•́)و✧

 

副業禁止は会社側の身勝手な「オレ様ルール」にすぎない

副業禁止って何で定められてるルールでしょうか。

憲法?法律?

実は、会社が就業規則で独自に定めてるルールなんです。

要は会社が作った「オレ様ルール」ですね。

 

そもそも、「副業を禁止する」なんてことは憲法にも法律にも書かれていません。

むしろ副業禁止というのは、憲法で保障された「職業選択の自由」を侵すものとすら考えられるものです。

第二十二条  何人も、公共の福祉に反しない限り、居住、移転及び職業選択の自由を有する。

 

当然、会社の就業規則ごときが憲法で保障された自由を侵すことはできません。

 

そもそも就業規則というのは「働いてるとき」のルールを定めたものです。

なので、働いてるとき以外(休日や退社後)の従業員の行動まで制限することは基本的にできないわけです。

※ただし例外として、公務員は副業禁止が法律で明確に定められているので注意してください。

 

とまあ公務員は別としても、こうした理由があるので、仮に副業が原因で会社と裁判沙汰になったとしても、副業を禁止とする会社側の主張は通らないことが多いんです。

 

ただし、副業で会社側に迷惑をかけた場合は、例外的に会社側の主張が認められることがあります。

例えば副業で夜更かししすぎて遅刻や欠勤が多くなった、とかですね。

あと、会社が保有する個人情報を勝手に副業に使ったりとかもダメです。

副業してることが原因で、会社側に明らかに迷惑がかかってると判断されれば、副業禁止が有効と判断される場合があるので注意が必要です。

 

なので副業禁止規定があったとしても、会社に迷惑をかけないようにすれば、基本的に副業しても問題ないということですね。

 

副業する場合は税金に注意すべし

会社によっては、届け出さえすれば副業を認めてくれるところもあるようですが、全ての会社がそうではありません。

なので会社に内緒で副業をしたいという場合もあるかと思いますが、その場合は税金の納め方に注意です。

 

住民税や市民税を普通徴収にして、自分で納めるようにしてください。

何故そんなことしないといけないかというと、簡単にいえば会社側に副業がバレるからなんですよね。

 

サラリーマンの場合、住民税や市民税は毎月の給料から天引きされていることがほとんどで、これを「特別徴収」と言ったりします。

経理の人があなたの代わりに住民税を納めてくれてるわけですね。

 

で、その住民税というのは前年度のあなたの所得を元に計算されます。

この所得というのは、会社からもらった1年分の給料以外に、副業で稼いだ報酬も含まれます。

当然、副業で会社以外から収入を得ていると翌年の住民税が上がってしまい、経理の人が見た時に「この上昇分の収入源はなんだ!?」ということになってしまいます。Oh, ジーザス・・・

 

なので、面倒な事態になるのを防ぐためにも、自分で住民税を納める「普通徴収」に切り替えることを強く推奨します。

特別徴収から普通徴収への切替方法は自治体によって異なるので、自分の住んでいる地域の自治体のホームページで確認してくださいね!

 

ただし、副業がアルバイトなどの「給料」をもらうタイプだと、普通徴収にしててもバレてしまう場合があります。

なのでネットビジネスなどの、個人でできる仕事を副業にするのがベストですね。

 

副業が当たり前の時代に

会社からもらえる給料が少ないこともあって、最近は「副業を認める」という会社も出てきているようです。

サラリーマンの5人に1人は副業をしているという調査結果もあるくらいですから、世の中は確実に副業を促進する方向に動いてますね。

 

働きたくないからこそ、「副業から始めて徐々に収入を上げ、最終的には本業を超える収入源に育て上げて会社を辞める!」という人もいます。

 

副業といっても難しく考える必要はなくて、ゲーム実況などの「遊びや趣味の延長」でできるものもあるので、興味があったら調べてみてください。

そういった副業だと、「働いてる」という感覚が薄くて楽しみながらやれるそうです。

 

今働きたくないと思ってる人でも、自分が楽しめることをやって、しかも収入も入ってくるとなったら俄然やる気が出てくるという人も多いみたいですね。(^▽^)

 

LINEで送る
Pocket

ブログランキング参加中!記事を読んだ後はポチッとクリックしてください^^

ブログランキング・にほんブログ村へ