LINEで送る
Pocket

本業でも複業でも働きっぱなし・・・もう疲れたワン

近年、副業に取り組む人が増えてきてます。

あなたは、政府も副業・兼業を促し始めたことをご存知でしょうか?

 

今はもう、会社から受け取る給料だけじゃやっていけない時代になってます。

というか、企業にそんな体力がないんですよね^^;

昔と違って、従業員を家族ごと養うなんて余裕は、今の時代どこの企業にもありません。

 

そんなわけなので、副業に取り組む人は今後ますます増えていくんだと思います。

 

 

で。

それはいいとして、この副業に関しては、あなたにひとつ注意してほしいことがあります。

 

副業で「労働」なんかしてはいけない

 

これは収入面に不安がある人がことごとく陥ってしまう罠です。

別に副業をやるつもりがなくても、このことは念頭に置いといてください。

働いてばかりの人生にはしたくないと考えてるなら、なおさらです。

 

「別に自分の時間は全部お金稼ぎに費やしてもいい」とか、「人生仕事が第一!」とか思ってるのでもない限り、副業で「労働」をするというのはもってのほかです。

 

 

少ない可処分時間をお金に換える行為、何年も続けられる?

このブログでは何回か書いてますが、労働というのは自分の時間をお金に換える行為です。

 

ただでさえ、サラリーマンは毎日忙しいもの。

最低でも一日8時間、残業があればそれ以上の時間を会社に拘束されます。

他にも、通勤、睡眠、食事、入浴などにあてる時間を引くと、自分が自由にできる一日の時間って、いったいどれくらいでしょう。

ひねり出せたとしても、せいぜい6時間程度ではないでしょうか(;´∀`)

 

これを可処分時間といいますが、今やってる会社勤めの他に副業でまだ労働をしようとなると、この可処分時間を充てるしかありません。

当然、あなたの可処分時間はさらに少ないものになっていきます。

 

本業のない休日に副業を入れるなど、可処分時間が偏らないような工夫はできると思います。

ですが、それでも自分の可処分時間をお金に換えてるという根本部分は変わりません。

 

これ、はたして何年も続けてられるものなんでしょうか・・・?

 

 

もちろん労働を増やした分、月々の収入は増えるとは思いますよ。

ですがあくまで労働なので、辞めればすぐにその収入はなくなってしまいます。

 

副業として労働を選んでしまうと、学生のアルバイトと同じように単純な肉体労働になりがち。

体力的にも、ずっと続けられるものではありませんよね。

本業があるので副業の方で昇進するわけにもいかず、収入が劇的に増える見込みもありません。

 

 

これ、今はよくても、10年も20年も続けていけるものじゃないと思うんです(汗

 

 

じゃあ何に取り組めばいいかというと。

僕は、副業として取り組むなら資産構築型のビジネスをやるべきだと思います。

 

あ、資産と言っても株とか不動産のことではなく。

「自分の代わりに稼いでくれる仕組み」を作るということですね。

 

たとえばブログを書いてアクセスを集めつつ、広告を貼り付けて広告収入を狙うとか。

僕がオススメするブログ・メルマガアフィリエイトも資産構築型のビジネスです。

 

 

こういうビジネスは、すぐに収入に繋がるものではありません。

ただし、一度転がりだしたら雪だるま式に収入が増えていくことも、また事実。

 

それにこういう資産構築型ビジネスは、稼ぐための仕組みとして充分に育てば、半放置状態でも収入が入り続けるようになることが最大のメリットですからね^^

 

労働とは違い、資産構築型ビジネスはただ単に自分の時間をお金に換えるわけではありません。

「自分の代わりに稼いでくれる仕組みを作る」という視点は、忙しく働かなくていい人生を目指す上では欠かせない視点です。

 

 

一時的に収入を増やしたいだけなのか、そうでないのかをハッキリさせよう

副業をやる理由が何なのかというと、ほとんどの人は「収入を増やしたいから」だと思います。

ですが、副業で労働をやってしまうと、収入は「一時的に」増えるだけです。

 

もちろん一時的に収入を増やしたいだけなら、副業で労働に取り組むのもいいと思います。

が、そうではなく、長期的に収入を増やしていきたいのなら、間違っても副業で労働なんてやってはいけません。

 

 

時間が経つに連れて体力的、年齢的に不利になっていく状況で、単純労働をやり続けるのか。

それとも体力も気力もある今のうちに、自分の代わりに働いてくれる仕組みを育てるのか。

 

同じ副業として取り組むとしても、長期的に収入を増やして、忙しく働かなくていい人生にしたいのなら、後者のほうが圧倒的に賢い選択なのは間違いないですよね^^

 

LINEで送る
Pocket

ブログランキング参加中!記事を読んだ後はポチッとクリックしてください^^

ブログランキング・にほんブログ村へ