LINEで送る
Pocket

体調を崩して会社を休んだこと、1回くらいはあると思います。

いきなり休むと職場の人に迷惑がかかりますし、遅れていく仕事のことを思うと気分が滅入りますよね。

 

会社に病欠の連絡を入れて「お大事に」と言われたにしろ、「風邪引いたくらいで休むな!」と罵倒されたにしろ、こういう心も身体も弱ってるときって、人はどうしても「自分が悪い」と思い込みがちです。

「体調管理できなかった自分が悪いんだ・・・」と自分を責めてしまいがちです。

 

が、そこはちょっと待って下さい。

それ、別にあなたが悪いわけではありません。

 

そもそも人は体調を崩すもの

例えば酔っ払って腹を出したまま床で寝た結果風邪を引いたとか、そういう不摂生が原因で体調を崩したら、それは確かに自業自得です。

責められても文句を言えませんが、今回はそういった事例は除いて考えます。

 

問題は、普段と変わらないことをしてただけなのに体調を崩したとき。

会社によっては、病欠の連絡をすると「風邪引いたくらいで休むな!」とか言ってくるとんでもないところがありますよね。

 

まだそんな精神論を振りかざす会社があることに驚きますが、どうして日本の職場というのはこうも劣悪なんでしょうか。

まるで風邪を引いたあなたが悪いみたいな言い分ですが、そんなわけありません。

この場合、悪いのは体調を崩すことを考慮していない会社側です。

 

あなたが体調を崩して会社を休んだとしても、責められるべきはあなたではありません。

たとえそれで仕事のスケジュールが遅れたり、他の人に迷惑がかかったとしても、です。

 

全ての従業員が常に健康でいられるわけはない、ということは少し考えればわかりますよね。

個人の体調管理が云々と言う前に、まず「人間は体調を崩すものだ」という大前提を考慮して仕事のスケジュールを組まない会社側に大きな問題がある、ということです。

 

そもそも人に限らず、あらゆる生き物は体調を崩すものです。

これは別に身体の弱い人に限った話ではなく、たくましく生きてる野生動物だって体調は崩しますし、脳みそまで筋肉でできてそうなムキムキマッチョマンでも体調を崩すことはあります。

自分ではどんなに気をつけていようが、体調を崩すときは崩すものなんです。

体調を崩すこと自体は、何も悪いことではありません。

 

日本企業の100年先を行くシック・リーブ制度

海外の企業には、シック・リーブ(病欠休暇)というものがあるのをご存知でしょうか。

これは病気になったり、家族の看病をしたいときに取得する休暇で、有給休暇とは区別されます。

しかも有給と同じく、シック・リーブを使ったとしてもその月の給料が減ることはありません。

 

そして長期的な仕事のスケジュールを組む場合、シック・リーブや有給休暇の取得を前提としてスケジュールを組むそうです。

その根底には、「人間が常に健康でいられるわけはなく、どんなに気をつけていても体調を崩すものだし、突発的に休みたくもなるものだ」という考えがあります。

シック・リーブや有給休暇の予定を、最初からスケジュールに組み込んで確保してしまうわけですね。

 

「体調管理に気をつけろ!」とか「風邪引いたくらいで休むな!」という精神論を展開する日本企業よりも100倍は先進的ですよね。

 

体調を崩して休んだら、有給休暇扱いにすることが暗黙のルールになってる会社。

スケジュールがギッチギチに組まれてて、1日でも休むと仕事がズルズルと遅れていく会社。

日本にはそんな会社が数えきれないくらいあります。

 

そういう会社はそもそも「人は体調を崩すもの」という認識が欠けているように感じます。

「全ての従業員は体調を崩さずに働けるはず」というありえない前提の元で組織運営をしてるように見えてなりません。

 

世間様の言うことなんか聞かなくていい

世の中は、未だに「ちょっとくらい体調を崩しても仕事を休んではいけない」という風潮が強いですよね。

実際、そういう風潮を助長するようなCMも多いです。

昔からやってる「24時間戦えますか?」という栄養ドリンクのCMはあまりにも有名です。

 

ですが、そんな世論を真に受ける必要はありません。

体調を崩したときは身体が「休みたい」と言ってるわけですから、素直に休むべきです。

仕事と自分の身体、あなたの人生にとってどっちが大切かは言うまでもないですよね。

 

そして、「社会人なんだから風邪引いたくらいで休むな!」と言ってくる人がいても、無視してください。

体調を崩した人を気遣えず、頭ごなしに罵倒してくるような人は、社会人以前に人として終わってます。

あなたはそんな人間にだけはならないようにしてくださいね。

 

LINEで送る
Pocket

ブログランキング参加中!記事を読んだ後はポチッとクリックしてください^^

ブログランキング・にほんブログ村へ