LINEで送る
Pocket

世の中、「世間体」というものを気にする人がたくさんいます。

 

あなたも働きたくないとは思いつつ、「仕事を辞めたら、家族や友達から何て思われるかな・・・」と世間体を気にしてはいませんか?

 

世間体を気にする人は、年配の方、親御さんに特に多いです。

例えば、「息子が会社を辞めたなんて恥ずかしくて世間様に公表できるか!」と怒る父親。

例えば、「あんたはもー、働きたくない働きたくないって・・・毎日そんなこと言ってて恥ずかしくないの!?」と言ってくる母親。

 

漫画のワンシーンのような光景が脳裏に浮かびますよね。

この世間体とかいう訳のわからない魔物を恐れている人は、まだまだ日本にはたくさんいます。

 

けど実のところ、世間体なんてまったく気にする必要はないです。

というか今の時代、そんなもの気にしてる場合じゃありません。

 

世間体を気にしたところで何の意味もない

世間体というのは、要は「周りからどう思われるか」ということです。

 

日本は昔から村社会だったために、集団の中で自分だけ浮かないように、周りの目を気にするという文化ができていきました。

僕たち日本人がそういう環境で育ってきた以上、仮に今あなたが世間体を気にしてたとしても、それは仕方がないことだと言えます。

 

でも、よく考えてください。

 

世間体を気にしたところで、あなたに何か得はあるでしょうか?

 

例えば、働いてないのは「世間的には」良くないことですよね。

ではもしあなたが明日会社をクビになったとして、世間体はあなたを助けてくれるでしょうか?

「働いてないのは良くないよね」と、あなたに対して何かアクションを起こしてくれますか?

 

そんなわけないですよね。

世間体というものに実態はありません。

世間体は「どう思われているか」という”現象”にすぎないわけで、世間体それ自体が何か力を持ってるわけでもありません。

 

もしあなたが何らかの危機に陥ったとしても、世間体はあなたを助けてはくれません。

それどころか、あなたの行動にブレーキをかけてくることさえあります。

仕事を辞めたいけど世間体を気にして辞められないという人がいますが、まさにそれです。

世間体とかいう実態もないものに、自分の行動を抑えこまれてる状態なんです。

 

世間体は、あなたの足を引っ張ることはあっても、助けてくれることはありません。

自分にとってプラスにならないものを一々気にするのはまったくの無駄です。

 

他人の目なんて気にしてる場合じゃない

僕たちは働きたくないわけですが、その思いは「世間的には」歓迎されるものではありません。

間違いなく世間体も良くはないです。

 

でも、働きたくないというのは嘘偽りのない本心なんだから、どうしようもないです。

 

ここで重要なのは、何が本当に大切なのかを考えること。

「周りからどう思われるか」と「自分がどうしたいか」。

あなたにとって大切なのはどっちですか?

 

働きたくないのなら、働かないためにどうすればいいか考え、行動を起こすことが大切です。

 

それは自分にとっての幸せを追い求める行為。

自分の幸せを追い求めるときに、他人からどう思われるかなんて気にすることじゃありません。

そんなときに世間体なんて気にするのは、エネルギーの無駄です。

 

大切なものにこそ全力を注ぎ、大切じゃないものは無視すればいいんです。

 

「自分の人生」を生きよう

日本は昔から村社会だったために、集団の中で周りの目を気にする文化ができてきました。

 

一方、欧米は「個」の社会。周りの目を気にするという文化がありません。

彼らがすごく活き活きしてるのは、彼らが「自分の人生」を生きているからです。

 

世間体を気にして生きるということは、「他人から望まれた人生」を生きるということ。

でもそれって、働かずに自由に生きることを望む僕たちにとってはすごく窮屈だし、ストレスが溜まる生き方です。

 

「他人から望まれた人生」と「自分が生きたいと思う人生」、どちらを生きた方が幸せなのかは、言うまでもないことですよね。

 

LINEで送る
Pocket

ブログランキング参加中!記事を読んだ後はポチッとクリックしてください^^

ブログランキング・にほんブログ村へ