LINEで送る
Pocket

「就職したら会社に滅私奉公しないといけないの?」とか、「会社の命令はなんでも黙って聞かないといけないのかな・・・」と考えてる人がたまにいます。

特に就職して働き始めたばかりの人に多い印象です。

 

あなたは、会社と自分がいったいどういう関係なのか、ということを考えたことがあるでしょうか。

「お金をもらってるんだから、立場は当然会社の方が上だよね・・・」と思っているなら、それは間違い。

会社と従業員の関係は、あくまで対等なんです。

 

サラリーマンは会社対個人の「労働契約」

そもそもあなたは、働く上で会社と自分が「契約」を結んでいるということを認識しているでしょうか。

そう、契約です。大雑把に言ってしまえば「お互いの約束事」ですね。

 

ネットショッピングで何かモノを注文するにしても、レストランで食事をするにしても、その根底には必ず「契約」が存在しています。

ネットショッピングであれば、「◯日以内に、××にいくら入金してください。入金確認後、△日以内に商品を発送します。」という契約。

お客さんは「◯日以内に、××にいくら入金する」という約束をし、お店は「お客さんが入金したら、△日以内に商品を発送する」という約束をして、それをお互いに了承することで契約が成立しています。

 

レストランであれば、「メニューの中から、注文された食事を提供します。店を出るとき、注文した分の料金を払ってください。」という契約。

お店は「メニューの中から、注文された食事を提供する」という約束をし、お客さんは「店を出るとき、注文した分の料金を払う」という約束をして、それをお互いに了承することで契約が成立します。

 

お互いに、「何をするか」ということが明確になっていて、契約に含まれないことはやらなくていいわけです。

 

また、契約を結んでいる両者の関係というのは、あくまで対等なものです。

お金を払ってるから偉いとか、お金をもらうんだから立場が下だということはありません。

上の例でいえば、支払うお金と同等の価値を持つモノやサービスを交換しているだけです。

「お金」と、同価値の「モノ・サービス」の交換なので、どちらが上とかいう発想をすること自体がナンセンスなのです。

 

ところが、日本人は何に対しても「契約」という意識を持つことに慣れていません。

だからだと思うのですが、日本人は「お金を払う方が立場が上である」という錯覚を抱きがちです。

 

たまにレストランとかで、ものすごく偉そうな態度のお客さんを見かけることはありませんか?

例えば、お店が忙しい時に来店して「注文を取りにくるのが遅い」だの「料理が出てくるのが遅い」だの言ってくる客。

周りを見渡せば店員さんたちが忙しそうなことくらい分かるし、忙しければ多少なりとも対応が遅れることは簡単に想像できそうなものです。

「◯秒以内に注文にうかがいます」とか、「注文から◯分以内に料理をお出しします」とか書いてあるならまだしも、そうでないのに遅い遅いと文句を言ってる客を見ると、僕は正直「何様のつもりだ」と思ってしまいます。(汗

 

よく考えてみてください。

この、お店に対して偉そうな態度を取る客という構図、何かと似ていませんか?

・・・・・そう、従業員に対して高圧的な態度を取る会社と同じなんです。

 

会社が従業員に給料を払うという仕組みの中で起こる、「給料払ってるんだから会社の方が偉い」という錯覚。

実はこれ、客がお店にお金を払うという仕組みの中で起こる、「金払ってるんだから客の方が偉い」という錯覚と全く同じことなんです。

 

ですが、錯覚は錯覚。

労働契約においては、あなたが労働力を会社に提供し、会社がそれと同価値の給料を払う、という約束が交わされているはずです。

これは「労働力」と「給料」という、同程度の価値を持つものの交換なので、やはりどちらが上という発想をするのはナンセンスというものです。

 

あなたはあくまで会社と「対等」の立場

ちょっと長くなってしまいましたが、まとめると

  • あなたは会社と「契約」を結んでいる
  • あなたと会社の関係はあくまで「対等」なもの

ということです。

 

戦後やバブル経済の頃は、確かに会社の方が立場が上で、従業員は朝から晩まで滅私奉公でモーレツに働いていました。

ですが、それは「上下関係になってもいいと思うほどの強いメリット(終身雇用と年功序列賃金)」があったからです。

そのメリットを享受するかわりに、従業員は会社の言いなりになって働くことを受け入れていたわけですね。

 

ですが、終身雇用や年功序列賃金が機能していたのはもはや過去のことです。

それらメリットがなくなった今の時代、滅私奉公なんてはっきり言って時代錯誤もいいところです。

会社があなたに何か理不尽なことを要求してきたとしても、その要求が契約に則ったものでなければ応じる必要はありません。

 

LINEで送る
Pocket

ブログランキング参加中!記事を読んだ後はポチッとクリックしてください^^

ブログランキング・にほんブログ村へ