LINEで送る
Pocket

「昨日も今日も残業残業残業。あーきっと明日も残業なんだろうなぁ・・・」

IT企業で働いていた頃、僕はいつもそんなことを思ってました。

 

日本は世界有数の残業大国と言われます。

その理由としては、以下のような人が日本の職場に多いからですね。

  • 過去の僕みたいに仕事量が多すぎて、毎日残業しないと回らないような職場で働いている人。
  • 残業だらけの大人を見て育ってきたから、サラリーマンって残業するものなんでしょ・・・?と思ってる人。
  • ホントは帰りたいんだけど、周りが残業してるからなんとなく帰りづらいなー・・・と思って付き合い残業をしてしまうという人。

 

あなたが残業のない職場で働いている場合は幸せですが、もし上記に該当する場合は注意が必要です。

 

もしかして、残業することが当たり前になってませんか?

 

定時が原則。残業は例外

そもそもの大前提として、サラリーマンというのは定時までに仕事を片付け、終業時刻になったら仕事を終えて帰る、というのが原則なんです。

定時内にどうしても仕事が終わらなかったり、緊急性の高い仕事が急に入ってきたりした時に、やむを得ず例外的に労働時間を延長して行うのが「残業」です。

本来は定時上がりが原則であり、残業は例外のはずなんです。

 

あなたの会社でも、勤務時間というものが就業規則で定められていると思います。

例えば9:00〜17:00とか。

この場合、普通は17:00にはみんな仕事を終えて帰れる状態になってないとおかしいんです。

たま〜に17:00には仕事が終わらない人が出てきて、その時は残業をしてカバーする。

でも普段は17:00になったらみんな帰っていく。

これが本来あるべき会社の姿です。

 

が!

現実はそう上手くいかないものですよねぇ・・・。

僕が勤めていたIT企業でも、ほぼ全員が毎日のように残業をしてました。

なぜかというと、仕事が多すぎて残業しないと間に合わないから。(汗

 

僕の職場のように、残業が常態化してしまってる職場というのは何かしらの問題を抱えているものです。

  • PCでできることをわざわざ手書きでやってたりして、仕事の進め方が効率的でなかったり。
  • 仕事大好き、会社大好きな上司が職場に居座ってて、ものすごい「帰るの?空気読めよ」オーラを放ってたり。
  • そもそも人手不足で、一人あたりの仕事量が多すぎたり。

 

一番いいのは社長や上司が先頭に立って残業をなくす努力をしていくことですが、ま〜〜〜そんな奇跡のようなことは望めませんよね^^;

というか上の人が積極的にそういう努力をしていれば、そもそも残業だらけにはなってないはずですし。

 

なんとか定時で帰る努力をしよう

上からの改善が見込めそうにないなら、なんとかして自分だけでも定時で帰れる方法を考えましょう。

 

仕事が多すぎる場合や、進め方が効率的でない場合は、自分の仕事効率を上げる方法を探してみるとか。

ネットで検索すればそういう方法はたくさん出てくると思います。

 

周りの人たちが残っててなんか帰りづらいという場合、実は周りの人たちもあなたと同じことを思ってるかもしれません。

日本人は周りの状況に流されやすいという特徴があるので、ついつい付き合い残業をしてしまうという人が多いです。

ですが、そこは気を強く持って、勇気を出して職場を後にしましょう。

もしかすると、あなたの行動がきっかけで周りの人たちも帰り始めるかもしれません。

 

残業が当たり前だという考えは今すぐ捨てる

繰り返しますが、定時が原則で、残業は例外です。

もしあなたが「残業は当たり前だ」と思っていたのなら、その考えは今すぐ捨てるべきです。

残業は例外だということを、しっかりと心に刻みつけてください。

 

そして、なんとか定時で帰る努力をしてみてください。

仕事が忙しくて定時上がりが現実的に不可能な場合でも、せめて「定時が原則で残業は例外だ!」という意識だけは常に持つようにしましょう。

 

職場が帰りづらい雰囲気だという場合も、勇気を出して帰りましょう!

でないといつまでたっても付き合い残業からは開放されません(汗

 

残業というのは、定時後の貴重なプライベート時間を削る行為です。

残業なんかしててあなたのプライベートな時間を会社に奪われ続けるというのは、とてももったいないことです。

仕事は定時内で終わらせて、残業なんかせずさっさと帰りたいものですね。

 

LINEで送る
Pocket

ブログランキング参加中!記事を読んだ後はポチッとクリックしてください^^

ブログランキング・にほんブログ村へ