LINEで送る
Pocket

僕がサラリーマンをやってた頃の話です。

 

4月に入ってきた新人の子が同じ部署にいたんですが、なんだかいつも苦労してる様子でした。

彼は仕事の進みが遅く、半日程度で終わるような仕事でも一日かかるような人です。

ロスした分は残業でカバーするしかなく、毎日のように遅くまで残ってました。

 

事前に仕事の説明は受けたはずだし、マニュアルもあります。

なのに何故そんなに時間がかかるのか。

僕は段々と気になってきて、ある日後ろから覗いてみました。

すると、なんと彼はマニュアルを見ずに与えられた仕事をやってたんです。

 

・・・まあマニュアルと言っても、数ある方法のうちの一つが載っているに過ぎないものです。

別にマニュアルを見なくても自己流でできる仕事だったんですが、それでも新人の場合はマニュアル通りにやったほうが確実に早く終わるはずです。

 

どうしてマニュアルを見ないのか、彼に聞いてみると驚きの答えが返ってきました。

彼曰く、「若いうちの苦労は買ってでもしたほうが良いと思って」

 

どうやら彼は、誰から言われたかも分からない「若いうちの苦労は買ってでもしろ」という言葉を真に受けてしまったようです。

 

しなくていい苦労は時間の無駄

苦労は若いうちから買ってでもしたほうがいいんでしょうか?

これはもちろん「No」です。

積極的に苦労なんてするものじゃありません。ドMですか。

 

苦労というのは、何か壁にぶち当たった時に、その壁を乗り越えるためにするものです。

壁を乗り越える手段が他になく、どうしても「必要だから」するものなんです。

他に手段があったりして必要がない場合は、苦労なんてする必要がありません。

しなくていい苦労ならしないほうが良いし、ハッキリ言って時間の無駄です。

 

特に仕事においては重要な考え方です。

苦労をすることよりも、「手段はなんでもいいから、壁を乗り越えた先の成果最短時間で手にする」ことの方がはるかに重要です。

冒頭で書いた新人の子は、このことが頭から抜け落ちていたようです。

 

「お前もオレと同じ苦労をすべき」は思考停止

たまに「オレはこんなに苦労した。だからお前もオレと同じ苦労をするべきだ。」なんて言う人がいますが、これはとんでもないことです。

その苦労、本当にする必要があるでしょうか。

 

同じ苦労を過去にしてるのであれば、次にやる人が同じ苦労をしなくて済むように、仕組みなりマニュアルなりを残しておくべきです。

それを行わずに「お前もオレと同じ苦労をするべきだ」と上から目線で説教するのは、思考停止以外の何物でもないし、後に続く人たちがみんな同じところで躓くことになるので、会社にとっては負の連鎖でしかありません。

 

若い世代に同じ苦労をさせるよりも、苦労を回避できる手段を考えて道を整えておくほうがよほど生産的です。

 

苦労なんてしないほうが良いに決まってる

「若いうちの苦労は買ってでもしたほうがいい」と言われることが多い僕らですが、もちろん苦労なんてしないほうが良いに決まってます。

というか、しなくていい苦労は「徒労」といいます。人生の無駄ですね。

 

ドMでもない限り、わざわざしなくていい苦労をしたいと思う人はいないはずです。

したくもない苦労をして残業するよりも、最短時間でサクッと仕事を終わらせてさっさと帰りたいものですね。

 

LINEで送る
Pocket

ブログランキング参加中!記事を読んだ後はポチッとクリックしてください^^

ブログランキング・にほんブログ村へ